SnapCrab_NoName_2013-3-25_22-30-36_No-00

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/12 20:19:36 ID:PrFDn5dB0
菫「I will give you all my love――」 

宥「菫ちゃん……」 

菫「はっ! ゆ、宥!? 何故ここに!?」アタフタ 

宥「いや、ここ旅館の屋上だから……」 

菫「違う! 違うんだ宥! 決して宥とチュウがしたいとか、そんなやましい気持ちがあるわけじゃなく」 

菫「ただ単純に、唐突に思いついてしまった替え歌を思いっきり歌ってみたくなっただけで……!」 

宥「……」 

菫「う、ううぅ……」 

宥「……もう、終わりーだねー」 

菫「!?」

引用元: 菫「はじめてーのー宥ううううううぅ! 君とチュウゥゥゥゥ!」

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/12 20:23:07 ID:PrFDn5dB0
宥「君が、小ぃさぁく見えるぅー」 

菫「待って、待ってくれ……!」 

宥「さよなら、さよなら、さよならー。もうすぐ、外は白い冬ー」タッタッタ 

菫「宥ううううううううぅ!」 

菫「……終わった、宥に嫌われてしまった……もう何もかも終わりだ……」 




淡「四角三角とにかく全く、清く正しく白糸台ー!」 

菫「!?」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/12 20:28:08 ID:PrFDn5dB0
淡「負けないで、もう少しー」 

菫「淡、お前……こんな情けない私を、励ましてくれるのか……?」 

淡「あんまりソワソワしないでー、あなたはいつでもキョロキョロー」 

淡「よそ見をするのはやめてよ。私が誰よりいちばんー」 

淡「好きよ、好きよ、好きよ、えへへ///」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/12 20:31:00 ID:PrFDn5dB0
菫「淡……目を、瞑ってくれ」 

淡「……」スッ 



 チュ 



淡「えんだああああああああいあああああああああぁ!」ガッツポーズ 

菫「……ファーストキスから始まるー、2人の恋のヒストリー」 

淡「この運命に魔法かけた」 

菫、淡「君が突然、現れた――」ギュ

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/12 20:36:31 ID:PrFDn5dB0
灼「……」ワクワク 

穏乃「……」ペラ 

灼「どうだった? 私の佳作。今回の漫画はあんまり自信ないんだよね」 

灼「前に2つ書いてみたんだけど、宥さんとハルちゃんにはあんまり好評じゃなくて」 

灼「なんだか、自信無くしてるんだ……」 

穏乃「……灼さん」 

灼「どう、かな……」 

穏乃「私! 感っっっっ動しましたー!」 

灼「!」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/12 20:40:55 ID:PrFDn5dB0
穏乃「白糸台の菫さんと宥さんの甘く切ないラブストーリー……」 

穏乃「歌によって流れるように展開されるミュージカルのような流れ――!」 

穏乃「凄いじゃないですか灼さん! 麻雀以外にもこんな才能があったんですね!」 

灼「本当!? お世辞じゃなくて!?」 

穏乃「お世辞なんていいませんよ! 特に中盤で繰り広げられた驚邏大四凶殺なんてワクワクが止まりませんでした!」 

灼「嬉しい……大威震八連制覇にしようかとも考えたんだけど、やっぱり驚邏大四凶殺にして正解だったよ」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/12 20:46:39 ID:PrFDn5dB0
穏乃「わー、これ本当に面白い……」ペラ、ペラ 

灼「ありがとう、穏乃――」ギュ 

穏乃「うわわ/// ど、どうしたんですかいきなり」 

灼「私の漫画を褒めてくれたのは、穏乃だけだったから……」 

灼「なんだか、自信を取り戻せた気がする」 

灼「ありがとう、ありがとう、穏乃……」ポロポロ 

穏乃「灼さん……」ギュー

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/12 20:51:08 ID:PrFDn5dB0
灼「ねぇ穏乃、今度奈良の近場で同人誌即売会があるんだ」 

灼「それに参加してみようと思うんだけど、穏乃もついて来てくれないかな」 

灼「1人じゃ、心細くって……」 

穏乃「私でよければ!」 

灼「ありがとう、ありがとう! 何度もいうけど、何度も言わせて! ありがとー!」ダキシメ 

穏乃「どういたしましてー!」ダキシメ 







憧「……」ギリッ

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/12 20:59:05 ID:PrFDn5dB0
 ――同人即売会場 


モブ「あのー、すいませんー!」 

灼「はい、なんでしょうか?」 

モブ「もしかしてサークル『スタジオアラタ』のアラタさんですか!?」 

灼「そうですけど……」 

モブ「きゃー! 嬉しい、私スタジオアラタのファンなんですよ! ホームページ毎日欠かさず見させて貰ってます!」 

灼「本当に? ありがとう」 

モブ「うわわ! これ新刊ですか!? 三冊ください!」 

灼「600円になります、まいどありー」

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/12 21:04:46 ID:PrFDn5dB0
灼「結構売れてて、正直自分でも驚いてる……」 

穏乃「アザス! アリガトゴザヤッシャー!」テキパキテキパキ 

灼「やっぱり、頑張って働いてもらってる売り子が可愛いからかな」フフ 





「大変だー! 大変だー!」 

「変な外人と湯のみでお茶飲んでる変な日本人が喧嘩を始めたぞー!」 


 ギャー  

    ワーワー 



灼「喧嘩? 物騒だなぁ」

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/12 21:12:24 ID:PrFDn5dB0
エイスリン「ボディガッ! オルスダゼ!」ブンッ 

    ハードラック  ダンス 
尭深「 不 幸 と 踊 っちまうかぁ!? 上等だぞてめー!」グシャァ 

エイリスン「アスノ オクヤミラン ニ メスブタイッピキツイカダオラァ!」ボコォ 

尭深「ニュージーランドに強制送還してやらぁ、死体でよぉ!」ドゴォ 




エイスリン「レッツパーリィィィィィィィ!」 

尭深「レッツパーリィィィィィィィ!」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/12 21:18:49 ID:PrFDn5dB0
灼「うわー、私の漫画に負けないくらい激しく殺ってる……」 

穏乃「わわっ!? 大変じゃないですか、止めないと!」ダダダッ 

灼「ちょ!? 駄目だよ穏乃! 危ないよー! 待ってー!」 




エイスリン「ナカナカ ヤルジャネェカ……」ハァハァ 

尭深「てめぇもなぁ……」ハァハァ 

エイスリン「ダケド ワタシ ハ ミトメナイ!」 

尭深「認められねぇよなぁ――!」

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/12 21:23:20 ID:PrFDn5dB0
エイスリン「コノヨデ モットモ サイコウノ――」 

尭深「この世で、最も、最強の――」 

エイスリン「カップリング ハ――!」 

尭深「掛け算は――!」 




エイスリン「ウチ ノ 白×塞ダアアアァ!」 

尭深「うちの照×淡だあああぁ!」 



 グシャ

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/12 21:30:44 ID:PrFDn5dB0
エイスリン「!?」 

尭深「!?」 

穏乃「喧嘩は……駄目、だよっ……」バタ 




灼「穏乃が2人の間に入ってパンチをその身でかつ無防備に受け止めたー!」 

灼「しかも、クロスカウンター気味で迫る右ストレートのサンドだ!」 

灼「単純に見積もっても普通に殴られるより3倍近い威力! あれは痛い!」 

灼「大丈夫か穏乃! 立てるのか穏乃ー!」

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/12 21:37:39 ID:PrFDn5dB0
エイスリン「チョ、チョットキミ、ダイジョウブ!?」 

尭深「大変……! 救急車を、誰か救急車を呼んでください!」 

穏乃「……」グテッ 

灼「穏乃ー! 目をあげてよ、しずううううううううぅ!」 


    ピーポーピーポー 



 ――荒川病院 

憩「というのが……今の彼女の状況や……」 

灼「そんな、穏乃が、穏乃が……」 





灼「記憶喪失、なんて……」

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/12 21:43:33 ID:PrFDn5dB0
憩「強い衝撃による一時的なものやから、時間が立てばあるいは治るかもしれん」 

憩「今は、そうとしか……」 

灼「そんな……」ポロポロ 



 ――病室 

穏乃「……」ボー 

  コンコン 

灼「……穏乃、入っていい?」 

穏乃「………………あ、穏乃って私なのか。どうぞー」

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/12 21:55:12 ID:PrFDn5dB0
穏乃「えっと……灼さん、でいいんでしょうか」 

灼「……うん。ごめんね、私が同人即売会になんて誘ったせいで、記憶喪失になっちゃうなんて……」 

灼「ごめんなさい、ごめんなさい……」 

穏乃「な、泣かないでください!」 

穏乃「記憶にはないけれど、灼さんのせいじゃないってことは――」 




穏乃「心でわかりますから!」ドン

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/12 22:00:19 ID:PrFDn5dB0
灼「」ドキューン 

灼「///」ドキドキドキ 

灼「はっ!? だ、駄目……私には、私にはハルちゃんがいるのに……」 

穏乃「……?」 

灼「――ありがとう、穏乃は優しいね。今日はもう帰るけど、明日またお見舞いにくるから……」 

穏乃「あ、はい。お気をつけて」 




穏乃「なんで最後、灼さんの顔が赤かったんだろう」 

穏乃「名前通り熱いのかな、やっぱり」 

 コンコン 

?「シズ、入っていい?」 

穏乃「どぞー」

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/12 22:05:38 ID:PrFDn5dB0
穏乃「あっと……憧、さん? でいいのかな」 

憧「あはは、記憶喪失ってマジなわけね……呼び捨てでいいよ、いつもそうだから」 

穏乃「……ごめんね、記憶が無いから私達がどんな関係だったかも思い出せないんだ」 

憧「全くしょうがないわねー」 




憧「恋人くらい、記憶喪失になっても覚えててよね」 

穏乃「うん、ごめ――恋人ぉ!?」

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/12 22:11:11 ID:PrFDn5dB0
穏乃「恋人って……え、私男だったの? それとも憧が男……? え、え……?」 

憧「なに言ってんのよ、今の時代女の子同士の恋愛なんてフツーなんだから、フツー」 

穏乃「マジっすか……」 

憧「iPS細胞は偉大ね」 

穏乃「ふぇぇぇ……」 

憧「というわけでチューしよ」 

穏乃「ぶふっ!? きゅ、急に何言って///」 



 チュ 


憧「えへへ、いっただきー」ニカッ 

穏乃「」

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/12 22:17:19 ID:PrFDn5dB0
憧「本当はずっと一緒についててあげたいけど、用意するものとかもあるから今日は帰るね」 

憧「またね、シズ……」 

穏乃「」 




穏乃「」ハッ 

穏乃「うわ、うわー。やばい、鏡ないからわからないけど私多分凄く赤くなってる……」ドキドキ 

穏乃「マジで? 恋人? あんなに可愛い子が?」 

穏乃「――やるじゃん、記憶を失う前の私……」 

 コンコン 

?「しずちゃん、今大丈夫?」 

穏乃「来客多いな……どうぞ」

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/12 22:22:23 ID:PrFDn5dB0
穏乃「松実、玄さん……ですか」 

玄「酷いのよね! 記憶を失うくらいしずちゃんを殴る人がいるなんて!」プンプン 

穏乃「あはは、渋谷さんって人とエイスリンさんって人には十分すぎるほどに謝って貰いましたから……」 

玄「謝って済む問題じゃないもん!」 






玄「私の許嫁を傷物にするなんて絶対に許せない!」 

穏乃「いいんですよ、私は気にしてなってええええええええええええええええぇ!?」

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/12 22:27:02 ID:PrFDn5dB0
穏乃「許嫁? ――許嫁!?」 

玄「そうだけど?」 

穏乃「」 

玄「iPSってすごいよねー」アハハ 

穏乃(え。なにこれ。私、こんなおっぱいが大きい美人さんの許嫁がいるのに憧と恋人なの……?) 

穏乃(完全に浮気じゃないか!? クッズ! 前の私ちょー屑だよ!?)

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/12 22:30:32 ID:PrFDn5dB0
穏乃(最悪だ……最低だ……どうしよう、どうしよう……)ガタガタ 

玄「震えちゃってどうしたの? 寒いの?」 

玄「なら……温めてあげるね」ムギュ 

穏乃(ふああああああああああぁ!? 2つの豊満なおもちが私の顔を完全に包囲しているよぉ!) 

穏乃(あったかーい)モミモミ

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/12 22:36:12 ID:PrFDn5dB0
玄「きゃっ/// だ、駄目だよしずちゃん、こんなところで……」 

穏乃「はっ!? す、すいません! 急におもちが手元に来たもので……」 

玄「――」スッ 

玄「続きは、退院してからしようね///」ミミトモツブヤキ 

穏乃「」 




穏乃「」ハッ 

穏乃「あ、玄さん帰っちゃったのか……」ドキドキ 

穏乃「――ドキドキしてる場合じゃねえええええええええええええぇ!」 

穏乃「どうするんだよこれ……なんてことしてんだよ前の私……」 

 コンコン 

?「シズー、入るよー」 

穏乃「嫌な予感しかしない……」

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/12 22:41:38 ID:PrFDn5dB0
穏乃「大星淡、さん……」 

淡「淡でいいって、淡で。それにしても災難だったよねー」 

穏乃(……うん、大丈夫、ただの友達っぽい) 

穏乃(二股だけでもあれなのに、三股なんてさすがにありえないよね)ハハハ… 





淡「ところで私達前世の頃から私達恋人だったんだけど」 

穏乃(はいありえたー)

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/12 22:52:07 ID:PrFDn5dB0
 ――その後 

穏乃(あの後も続々と人がお見舞いに来てくれて、続々と私と恋人だったと告げられた……) 

穏乃(ちょっと、関係を相関図にしてみるか……) 


SnapCrab_NoName_2013-4-26_17-30-9_No-00
 

穏乃(……) 

穏乃「性が乱れすぎだろおおおおおおおおおおおおおおおおおおぉ!」

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/12 22:56:00 ID:PrFDn5dB0
穏乃「なんだよこの恋人とセフレの乱立はよぉ!?」 

穏乃「みんなやりまくりかよ! 浮気しまくりかよ!」 

穏乃「ここ本当に日本かよぉ……! なんだよこれぇ……!」ポロポロ 

穏乃「私が記憶を失う前の女子高生って半端じゃ無さすぎだろぉ……!」 

穏乃「平和なの右下だけじゃねぇかよおおおおおおぉ……!」

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/12 23:07:49 ID:PrFDn5dB0
穏乃「もっとこう、恋愛って、純粋なもののはずだろ……」 

穏乃「不純同性交遊どころかこれじゃ不純同性豪遊だよぉ……!」 

穏乃「うぅ、うっ、ひっぐ……」 

穏乃「……」 

穏乃「……あれ?」 

穏乃「この相関図、灼さんがいない……」 

穏乃「灼さんと私の関係って、ただの友達ってことなのかな……」

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/12 23:15:44 ID:PrFDn5dB0
 ――数日後 

淡「シズー、麻雀しよー。今度は負けないよ!」 

憧「なにいってんのよ、シズはこれから私とデートなの! っていうかシズをシズって呼んでいいのは私だけよ!」

淡「なにそれ、おーぼーだよ! いいじゃんか私がシズをシズって呼んだってー!」 



玄「一緒にお風呂に入ろう!」 

宥「あ、私も入りたい。みんなであったかーくなろー」 

咲「あったかくなる(意味深)」 

和「そういえばiPS細胞というので同性の間でも子供が作れるそうですよ」 

照「少子化が激減するな」 


穏乃(……ええー、みんな結構仲いいんだ……)

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/12 23:21:15 ID:PrFDn5dB0
灼「……」カキカキ 

穏乃(あ、灼さんが何か描いてる……) 

穏乃(漫画かな。そういえば、私が記憶を失った場所って同人即売会の会場だったな……) 

穏乃(……そこにいけば、何かを思い出せるかもしれない) 

穏乃「灼さん!」 

灼「ん? どうしたの?」 

穏乃「私、同人即売会の会場に行きたいんです。そこにいけば、何か思い出せるかもしれないから……」 

灼「……わかった、連れて行ってあげる」 

穏乃「ありがとうございます!」

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/12 23:24:22 ID:PrFDn5dB0
――ガタンガタン 

       ――ガタンガタン 



穏乃「……」 

灼「……」 

穏乃「……」 

灼「……穏乃は」 

穏乃「……え?」 

灼「穏乃は、今の状況をどう思う?」 

穏乃「今の、状況……?」

96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/12 23:30:47 ID:PrFDn5dB0
灼「みんながどこかで繋がっていて、みんなが愛に満ちている」 

穏乃「……」 

灼「例えばそれが性的な関係だとしても、繋がりは繋がり。愛は愛」 

灼「好きだから体を重ねる。好きだから恋人として振る舞う」 

灼「それを、穏乃はどう思う」 

穏乃「……おかしいと、思います」 

穏乃「こんなの、おかしいよ……」 

穏乃「好きって気持ちは素晴らしいと思うし、愛に溢れているのは素敵なことだと思う」 

穏乃「だけど、こんなの……間違ってる……」 

灼「……そう」 

 ――ガタンガタン 

   ――ガタンガタン 

駅員「次はー、奈良同人即売会場ー、同人即売会場ー」

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/12 23:37:12 ID:PrFDn5dB0
 ――同人即売会場 

エイスリン「ももかじゅ、いいよね……」オチャズズー 

尭深「いい……」オチャズズー 

エイスリン「この前は、ごめんね。尭深……」 

尭深「ううん、私も悪かった。ごめんなさい」 

エイスリン「日本語、沢山教えてくれて、ありがとう」 

尭深「私も、エイスリンに新しい世界を沢山教えて貰ったから、おあいこ」 

エイスリン「えへへ」 

尭深「ふふふ」

103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/12 23:40:51 ID:PrFDn5dB0
エイスリン「……」ズズー 

尭深「……」ズズー 

エイスリン「ねぇ」 

尭深「なに」 





エイスリン「エイスリン×尭深、って――どうかな」 

尭深「……世界で一番、良いカップリングだと思う」 

エイスリン「……結婚、しよっか」 

尭深「尭深・ウィッシュアート……いい名前だと思う」 



  チュ

105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/12 23:46:24 ID:PrFDn5dB0
穏乃「あれ、あそこで幸せそうにキスをしている2人は……」 

穏乃「ぐっ!」ズキ 

穏乃「なんだ、頭が、割れそうに痛い……!」ズキズキ 

灼「穏乃!? どうしたの、穏乃!」 

灼「……う、うぁ!」 



穏乃『全国で、和と遊ぶんだ!』 

穏乃『頑張ってください!』 

穏乃『また、赤土さんを連れて行っちゃうんですか――?』 

穏乃『よし、100速仕上がった!』 



淡『リーチ』ゴゴゴゴゴゴゴゴ 





穏乃「うあああああああああああああああああああああああああああぁ!」

106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/12 23:49:25 ID:PrFDn5dB0
穏乃「……全部、思い、だした」 

灼「……穏乃」 

穏乃「……灼さん、私、私――」 












穏乃「全国で、負けたんですね――」

107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/12 23:52:48 ID:PrFDn5dB0
 ――荒川病院 病室 

穏乃「――」パチ 

晴絵「……目は、覚めたか」 

穏乃「――今までの出来事は、全部夢だった」 

穏乃「全国で白糸台で負けて、淡に負けて……私は自ら精神を崩壊させて……」 

晴絵「私が作ったトラウマよりも、お前が受けた衝撃の方が遙かに大きかったからな」 

晴絵「そうなるのも、無理はない。それが麻雀だ」

110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/12 23:58:13 ID:PrFDn5dB0
穏乃「私のせいで、みんなの全国優勝が……」ポロポロ 

晴絵「そう自分を攻めるな――あれを、見てみろ」 


玄「すーすー、しずちゃん……」 

憧「バカシズー……早く起きなさいよね……むにゃむにゃ」 

宥「穏乃、ちゃん……くー」 

灼「………」 



穏乃「――みん、な」 

晴絵「お前が眠りについてから、みんな毎日通い続けたんだ」 

晴絵「寝る間もおしんで、お前を見守り続けた」 

晴絵「まあ、さすがに今は疲れちゃって寝てるけどな」ハハハ

112: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13 00:00:52 ID:msiZHaDj0
穏乃「――うああぁ、うああああ……」ポロポロ 

晴絵「……」ナデナデ 

晴絵「例え敗北したとしても、お前は1人ぼっちじゃない」 

晴絵「ボロボロになっても支え続けてくれる仲間がいる」 

晴絵「だったら――」 





晴絵「お前が何をすべきか、わかるな?」 

穏乃「――はい!」

115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13 00:09:21 ID:msiZHaDj0
 ――1年後 

アナウンサー「試合終了ー! 白糸台の神話を打ち破り、チャンピオンに輝いたのは阿知賀の高鴨穏乃だー!」 

淡「そん、な……」ガタガタガタ 

穏乃「……」スッ 

アナウンサー「おっと、高鴨選手が立ち上がり大星選手に近づいていくー! これは死闘を繰り広げた好敵手への美しき握手かー!」 

穏乃「……淡」 

淡「し、シズ……私、私……」 

穏乃「……」ニコ 







穏乃「雑魚が」 

淡「うあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああぁ!」

117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13 00:12:37 ID:msiZHaDj0
 穏乃の復讐は完遂した。 

 淡は穏乃の一言によって完全に精神を崩壊させ、二度と麻雀が打てない体になってしまった……。 



穏乃「今日はいい天気だねー」 

淡「――」 

穏乃「いい麻雀日和だなー」 

淡「――」 

穏乃「あはは、もう麻雀って聞いても反応もないかー」 

淡「――」

120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13 00:15:38 ID:msiZHaDj0
穏乃「実をいうとねー」 

淡「――」 

穏乃「私、初めて淡を見た時からずっと好きだったんだー」 

淡「――」 

穏乃「こんな綺麗な子がこの世に存在するんだって、生まれて初めて思ってさ―」 

淡「――」 

穏乃「だからね」 

穏乃「こういう形でも淡をずっと養えるの」 








穏乃「すっごく、幸せだ」ニコ

122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13 00:18:47 ID:msiZHaDj0
灼「どうだった? 私の超大作、正直今回は狙いすぎたのとこねくり回して微妙になっちゃ」 

憧「病院いこうよ灼ぁ!」ポロポロ 


カン!

124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13 00:19:39 ID:msiZHaDj0
ごめん、正直今回まじ微妙だったわ 
スタジオアラタシリーズ今回でおしまいだから安心してくれ 
すまぬ

128: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13 00:21:43 ID:msiZHaDj0
宥「炬燵あったかーい」玄「あったかいねー」菫「全くだな」 

咲「お姉ちゃん!」照「――いい加減にして」 

ついでに前作と前前作のアラタシリーズおいとく

125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13 00:20:06 ID:nVqLhSus0
あらたそはなんで鬱展開が好きなんだww

126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13 00:20:19 ID:Jm0C7ipg0
灼ェ…